国内外ニュース

小澤征爾さんが松本フェス降板 「体力回復に時間かかる」

 長野県松本市で8~9月に開かれる音楽祭「セイジ・オザワ松本フェスティバル」の実行委員会は11日、指揮する予定だった小澤征爾さん(82)が、体調面の大事を取って計3公演全てを降板すると発表した。

 実行委によると、小澤さんは大動脈弁狭窄症のため4月に手術を受け、現在は治療を終えて順調にリハビリが進んでいるが、体力や筋力の回復に時間がかかると判断したという。

 3公演は指揮者と演目、チケット価格を変更して上演する。小澤さんは指揮者としては降板するが、音楽祭の期間中は松本市に滞在し、総監督として各公演のリハーサルなどに参加する予定。

(5月11日12時02分)

文化・芸能(5月11日)