国内外ニュース

決算資料配布がピーク、東証混雑 623社

 上場企業の2018年3月期決算発表がピークを迎え、報道機関向けに資料を投函する担当者=11日午後、東京・日本橋兜町の東京証券取引所  上場企業の2018年3月期決算発表がピークを迎え、報道機関向けに資料を投函する担当者=11日午後、東京・日本橋兜町の東京証券取引所
 上場企業の2018年3月期決算の発表が11日、ピークを迎えた。午後5時時点で全体の約4分の1に当たる623社が業績を開示。東京証券取引所(東京都中央区)では資料を配る企業の担当者や記者会見のために訪れた幹部らで混雑した。

 記者会見場や記者クラブがある地下1階には、昼すぎから資料の束を持った担当者が次々と訪問。発表が最も集中する午後3時前後は、決算短信の配布や説明のために訪れた人であふれかえり、廊下にも入室を待つ長い列ができた。

 混雑は午後4時半ごろまで続いた。配り終えた電機メーカーの男性は「いつものことだが人が多く、熱気がすごかった」と話した。

(5月11日18時17分)

経済(5月11日)