国内外ニュース

米富豪美術品の競売、910億円 ロックフェラー家、最高額

 ロックフェラー夫妻の美術品の競売で、1億1500万ドルで落札されたピカソ作の「花かごを持つ少女」(クリスティーズ提供・共同)  ロックフェラー夫妻の美術品の競売で、1億1500万ドルで落札されたピカソ作の「花かごを持つ少女」(クリスティーズ提供・共同)
 【ニューヨーク共同】米富豪ロックフェラー家の銀行家、故デービッド・ロックフェラー夫妻の美術品を売却する競売がニューヨークで今月開かれ、主催者の競売会社クリスティーズは11日、落札総額が約8億3260万ドル(約910億円)に上ったと発表した。同社は個人コレクターの収集品の競売としては過去最高額としている。

 AP通信によると、フランスの世界的服飾デザイナー故イブ・サンローラン氏の遺産の落札額4億8400万ドルがこれまでの最高額だった。

 競売にはアンティーク家具や絵画など約1500点が出品され、ピカソ作の「花かごを持つ少女」は1億1500万ドルで落札された。

(5月12日11時51分)

暮らし・話題(5月12日)