国内外ニュース

京都の三つ星料理店で火災 煙立ち込め、祇園騒然

 京都・祇園の建物火災で騒然とする現場周辺=12日午後  京都・祇園の建物火災で騒然とする現場周辺=12日午後  白煙を上げる京都市東山区祇園町南側の建物=12日午後(共同通信社ヘリから)  白煙を上げる京都市東山区祇園町南側の建物=12日午後(共同通信社ヘリから)
 12日午後2時半ごろ、京都市東山区祇園町南側の日本料理店「千花」から出火、木造2階建ての店舗を全焼した。店のホームページによると、1946年創業で、格付け本「ミシュランガイド」で9年連続三つ星を獲得した。周辺は煙が立ち込め騒然となった。けが人の情報はない。

 東山署によると、店の関係者は「バーナーを使い、清掃作業をしていた」と話しており、原因を調べる。

 現場は、土産物屋や料亭などが立ち並ぶ繁華街の細い路地を入った一角。近くには南座や八坂神社がある。周辺は一時、煙に包まれて焦げ臭いにおいが広がり、週末で訪れていた多くの観光客が不安そうに見つめていた。

(5月12日17時52分)

社会(5月12日)