国内外ニュース

ハメネイ師、米政権暴露本じろり イラン指導者、嫌悪反映?

 トランプ米政権の暴露本「炎と怒り」を手に取るイランの最高指導者ハメネイ師=11日、テヘラン(イラン最高指導者事務所提供・共同)  トランプ米政権の暴露本「炎と怒り」を手に取るイランの最高指導者ハメネイ師=11日、テヘラン(イラン最高指導者事務所提供・共同)
 【テヘラン共同】イランの最高指導者ハメネイ師が11日、首都テヘランで催された同国最大の書籍見本市を訪れ、イラン核合意からの離脱を表明したトランプ米政権の暴露本「炎と怒り」を手に取った。露骨なイラン敵視政策に抱く嫌悪感を表すかのように、ページをめくって凝視する表情は渋面に見える。

 トランプ大統領はかねて、ハメネイ師を頂点とする反米イスラム体制を「独裁国家」と糾弾。同師は「核問題を口実にイランの体制転換を図っている」と反発している。

 ハメネイ師は無類の読書家として知られる。同師の事務所が発表した写真では、眉間にしわを寄せながら読んでいる様子が見て取れる。

(5月12日19時36分)

国際(5月12日)