国内外ニュース

アメフット、日大監督指揮執らず 悪質反則問題で

 日本大学アメリカンフットボール部は12日、関西学院大学との定期戦で悪質な反則行為をしたとして関東学生連盟から処分を受けた後初めての対外試合となる関西大学戦を川崎市内で行ったが、厳重注意とされた内田正人監督の姿はなかった。関東学連によると、内田監督から当面、指揮を自粛するとの連絡があったという。

 関学大との定期戦は6日に東京都内で行われた。日大の選手は、パスを投げ終えて無防備な状態だった関学大のクオーターバックに背後から激しくタックルするなどした。関東学連は10日に当該選手の対外試合出場禁止などを発表した。

(5月12日20時07分)

スポーツ(5月12日)