国内外ニュース

大韓航空社員らパワハラ反対集会 創業家は退陣を、ソウル駅前

 集会で大韓航空経営陣の退陣などを要求する人たち=12日、ソウル(共同)  集会で大韓航空経営陣の退陣などを要求する人たち=12日、ソウル(共同)
 【ソウル共同】大韓航空の操縦士など社員らが12日夜、同社を中核とする財閥、韓進グループの創業家の会長一家や経営陣の退陣とパワハラ反対を訴える「ろうそく集会」をソウル駅前で開いた。4日に続いて2回目。

 一家を巡っては、趙亮鎬会長の次女の大韓航空前専務が会議で水の入ったコップを投げた「水掛けパワハラ」が問題化。同社副社長だった長女もナッツの出し方に怒り、飛行機の離陸を遅らせた事件で有罪判決を受けた。

 会長の妻も暴行容疑で捜査を受け、11日には一家が外国人家政婦を不法に雇用した疑いで本社が家宅捜索を受けた。

(5月12日22時06分)

国際(5月12日)