国内外ニュース

独立の監視ポスト新設案 府省庁横断で公文書管理

 公文書管理の監視ポスト設置案  公文書管理の監視ポスト設置案
 学校法人「森友学園」を巡る財務省の決裁文書改ざんなど一連の公文書問題を受け、全府省庁の管理状況を横断的に監視する独立のポストを内閣府に新設する案が政府内で浮上していることが12日、分かった。複数の政府関係者が明らかにした。政府は財務省の最終調査結果の発表後、公文書管理の強化策を打ち出す方針で、その目玉の一つと位置付ける。公文書を巡る府省庁職員の不正告発の窓口機能を持たせるかも検討する。

 政府は2014年12月の特定秘密保護法の施行に伴い、行政機関が持つ特定秘密の指定や管理状況をチェックする「独立公文書管理監」を内閣府に設置しており、これを参考にする形。

(5月13日2時07分)

政治(5月13日)