国内外ニュース

パリ・オペラ座近くで5人殺傷 刃物で襲撃、テロ容疑で捜査

 刃物で通行人が襲撃された現場周辺を封鎖し、警戒する警官=12日、パリ(AP=共同)  刃物で通行人が襲撃された現場周辺を封鎖し、警戒する警官=12日、パリ(AP=共同)
 【パリ共同】パリ都心部のオペラ座近くで12日午後9時(日本時間13日午前4時)ごろ、刃物を持った男が通行人らを襲撃し1人が死亡、4人が負傷した。男は現場に駆け付けた警官隊に射殺された。男は「アラー・アクバル(神は偉大なり)」と叫びながら襲撃しており、検察当局はイスラム過激派に関連したテロの疑いがあるとみて捜査を始めた。

 フランス内務省によると、死亡したのは通行人の29歳の男性。ほかに男性2人、女性2人が負傷した。国籍などは明らかにされていない。パリの日本大使館によると、死傷者に日本人は含まれていない。

(5月13日18時07分)

国際(5月13日)