国内外ニュース

リヤカー引いて「地球2周」踏破 巡ったのは約60カ国

 日本時間13日、カナダ・トゥクトヤクトゥクに到着した吉田正仁さん(本人提供・共同)  日本時間13日、カナダ・トゥクトヤクトゥクに到着した吉田正仁さん(本人提供・共同)
 リヤカーを引いて世界中を歩いている吉田正仁さん(37)が日本時間13日、ゴールと定めていた北極海沿岸のカナダ・トゥクトヤクトゥクに到着した。2009年に旅を開始、約7万7500キロを単独踏破したという。「地球はとても大きいけど小さな一歩を重ねることで2周分(に迫るほど)の距離を歩ける。人間、やろうと思えばたいていのことはできる」と話した。

 吉田さんが共同通信の取材に応じた。

 一時帰国を挟み巡ったのは約60カ国。履きつぶした靴は21足。これで旅を終え、故郷の鳥取市に戻る予定で「犬の散歩をして、しばらくゆっくり過ごしたい」と語った。

(5月13日16時52分)

暮らし・話題(5月13日)