国内外ニュース

東証、午前終値2万2813円 もみ合い、方向感欠く

 週明け14日午前の東京株式市場は、日経平均株価(225種)が方向感を欠いてもみ合う展開となった。中東情勢の緊迫化や「加計学園」問題で政治の混乱が深まることへの警戒感から下落して始まった後、好業績銘柄の買い戻しで上昇に転じた。

 午前終値は前週末終値比54円89銭高の2万2813円37銭。東証株価指数(TOPIX)は5・74ポイント高の1800・70。

 米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げペースを従来予想通りの年内3回で維持するとの安心感から、前週末の米ダウ工業株30種平均が続伸したことが東京市場でも買い材料となった。

(5月14日11時56分)

経済(5月14日)