国内外ニュース

九州電力、玄海4号の再稼働延期 ポンプ不調で申請取り下げ

 九州電力は14日、玄海原発4号機(佐賀県玄海町)に関し、早ければ24日に再稼働するとした原子力規制委員会への申請を取り下げたと発表した。3日に1次系冷却水を循環させるポンプに不具合が見つかったことを受けた対応で、再稼働の延期が確実となった。不具合の原因は特定されておらず、再稼働時期の見通しは立っていない。

 九電によると、不具合が起きたポンプの点検が14日時点で続いている。原子炉の試験使用ができないことから再稼働の工程が止まった状態だ。九電は、点検終了の時期も未定としている。

 九電は「安全確保を最優先に、慎重に進める」とコメントした。

(5月14日17時17分)

科学・環境(5月14日)