国内外ニュース

首相、忖度批判「真摯に受ける」 加計問題、招致要求には消極姿勢

 参院予算委で答弁する安倍首相。左端は麻生財務相=14日午後  参院予算委で答弁する安倍首相。左端は麻生財務相=14日午後
 安倍晋三首相は14日の参院予算委員会の集中審議で、学校法人「加計学園」の獣医学部新設に官僚による忖度が働いたとの指摘に関し「忖度があったのではないかとの批判があることは真摯に受け止める」と述べた。友人の加計孝太郎学園理事長から便宜供与の依頼はなく、計画を把握したのは2017年1月とするこれまでの答弁は維持。反発する野党が求める真相解明のための関係者の国会招致には消極姿勢を示した。

 首相は、官僚による忖度に関し「忖度をされる側には分かりにくい面がある。私としてなかったと言い切ることはできない」と強調。自らは忖度を求めていないとした。

(5月14日17時27分)

社会(5月14日)