国内外ニュース

アメフット、日大の3試合中止に 悪質反則に対戦校が連名で要請

 6日に東京都内で行われた定期戦で、パスを投げ終えた関学大選手に背後からタックルする日大の選手(右端)(関学大提供・背番号をモザイク加工しています)  6日に東京都内で行われた定期戦で、パスを投げ終えた関学大選手に背後からタックルする日大の選手(右端)(関学大提供・背番号をモザイク加工しています)
 関東学生アメリカンフットボール連盟は14日、春季オープン戦で予定されていた日本大の3試合を中止すると発表した。関西学院大との定期戦で日大の選手が悪質な反則行為をしたことを受け、20日の法政大戦、6月9日の東京大戦、同10日の立教大戦が行われないことになった。3大学から連名で日大との試合中止を求める文書が送られてきたという。

 連盟は反則を犯した選手の対外試合出場禁止処分を10日に発表。規律委員会を設置し、当該選手と、厳重注意処分とした内田正人監督から聞き取り調査を行い、追加処分を検討する予定。

(5月14日19時17分)

スポーツ(5月14日)