国内外ニュース

北朝鮮の要人、訪中か 米との首脳会談控え調整も

 【北京共同】北朝鮮の要人とみられる人物が14日、平壌から北京国際空港に到着し、中国政府の高級車に乗って海外の賓客を迎える北京市内の釣魚台迎賓館に入った。3月下旬の中朝首脳会談で合意した両国の高官交流強化の一環である可能性がある。6月12日に史上初の米朝首脳会談を控える中、中朝間で非核化の方法や経済支援について調整するとの見方も出ている。

 消息筋によると、朝鮮労働党の朴泰成副委員長の姿が確認された。ほかに平壌市党委員長の金秀吉氏や中国と国境を接する平安北道の党委員長、金能五氏ら地方レベルの党トップが同行しており、経済視察を兼ねている可能性もある。

(5月14日19時46分)

国際(5月14日)