国内外ニュース

19年世界選手権で代表選考 東京五輪トランポリン女子

 日本体操協会は14日の常務理事会で、トランポリン女子の2020年東京五輪代表選考方法の一部を決定した。19年11月に東京で開幕する世界選手権で五輪出場枠を獲得した最上位選手が代表となる。世界選手権では決勝の8位までが五輪枠を手にする。1カ国・地域最大の2枠を獲得した場合の2枠目の選考方法は今後決める。

 ユース五輪(10月・ブエノスアイレス)の体操女子代表は4月の全日本選手権の結果で山田千遥(朝日生命)を選出した。新体操団体で小松美桜(名女大Jrク)の日本代表からの辞退を承認した。

(5月14日22時41分)

国際大会(5月14日)