国内外ニュース

スラバヤの日本人学校休校 インドネシア、テロ影響で

 【スラバヤ共同】在インドネシア日本大使館によると、東ジャワ州の州都スラバヤの日本人学校は14日、スラバヤ一帯で起きた自爆テロを受け、15、16日を休校とすることを決めた。17日以降は様子を見て決める。

 スラバヤの在留邦人は約590人。多くの日本企業が進出し、駐在員や家族が多数居住している。同校のホームページによると、2017年には58人の児童・生徒が在籍していた。

(5月15日0時52分)

国際(5月15日)