国内外ニュース

中国、農産物関税撤廃か ZTE制裁緩和が条件

 トランプ米大統領(ゲッティ=共同)、ロス米商務長官(ロイター=共同)  トランプ米大統領(ゲッティ=共同)、ロス米商務長官(ロイター=共同)
 【ワシントン共同】トランプ米政権が、中国が対米対抗措置として農産物に課している追加関税を撤廃することを条件に、中国の通信機器大手、中興通訊(ZTE)への制裁を緩和する検討に入ったことが14日、明らかになった。米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)が関係者の話として「合意に近づいている」と報じた。

 トランプ大統領は14日、ツイッターに「ZTEは米国企業から多くの部品を買っている。それは私と中国の習近平国家主席の個人的な関係を反映している」と書き込み、中国との取引に意欲を示した。ロス米商務長官も14日の講演で「非常に速やかに代替策を探る」と述べた。

(5月15日7時52分)

経済(5月15日)