国内外ニュース

国連安保理、15日に緊急会合へ ガザ情勢、クウェートが開催要請

 【ニューヨーク共同】在イスラエル米大使館のエルサレム移転などへの抗議デモで多数の死傷者が出たことを受け、国連安全保障理事会は14日、緊急会合を15日午前(日本時間同日深夜)に開くことを決めた。非常任理事国のクウェートが開催を要請した。

 パレスチナのマンスール国連大使は記者団に「市民に対して強力な火器が使われた残虐な行為を、最も強い言葉で非難する」と表明した。

 米大使館のエルサレム移転をめぐる最近の安保理での議論は、イスラエルと歩調をそろえる米国が孤立し、各国が米国への懸念を表明したり非難したりする展開。今回も同じ構図になるとみられる。

(5月15日7時16分)

国際(5月15日)