国内外ニュース

古都華やぐ葵祭、京都 十二単の「斎王代」まぶしく

 十二単をまとい、こしに乗り込む葵祭のヒロイン「斎王代」の坂下志保さん=15日午前、京都市  十二単をまとい、こしに乗り込む葵祭のヒロイン「斎王代」の坂下志保さん=15日午前、京都市
 京都三大祭りの一つ、葵祭が15日、京都市で行われ、十二単をまとったヒロイン「斎王代」らの華やかな王朝行列が都大路を練り歩いた。

 午前10時半すぎ、フタバアオイの若葉を付けた男女約500人や牛馬約40頭などからなる全長約700メートルの行列が京都御所を出発。下鴨神社を経て上賀茂神社へ向かう約8キロを悠然と進んだ。

 今年の斎王代は、京都市左京区の会社員坂下志保さん(23)。平成最後の斎王代で、母も昭和最後の斎王代を務めた。坂下さんは両親に見守られながら「いったん日常を忘れて、歴史の重みを感じたい」と話し、緊張した面持ちで「腰輿」と呼ばれるこしに乗り込んだ。

(5月15日11時32分)

文化・芸能(5月15日)