国内外ニュース

維新、高プロの修正要求へ 適用撤回制度、自民に

 日本維新の会は、政府が最重要課題と位置付ける働き方改革関連法案で焦点となっている「高度プロフェッショナル制度(高プロ)」の創設に関し、働く人が後に適用を撤回できる制度を盛り込むよう自民党に修正を求めていく方向で検討に入った。維新幹部が15日、明らかにした。

 自民党は6月20日までの国会会期内の成立を目指し、維新の賛成を取り付けたい考えで、前向きに対応するとみられる。

 高プロは一部専門職を労働時間規制の対象から外し、年収1075万円以上や本人の同意が必要などの要件がある。しかし法案には、働く人が制度の適用を外れることができると明記した規定はない。

(5月15日12時47分)

政治(5月15日)