国内外ニュース

北朝鮮核兵器の米国搬出案を例示 ボルトン氏、テネシー州に

 【ワシントン共同】ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は13日のABCテレビのインタビューで、非核化実現のため北朝鮮が保有する核兵器の搬出先として米南部テネシー州オークリッジを例示した。米政権ができる限り早期に核放棄させることに重点を置いているとも強調した。

 オークリッジには、大量破壊兵器の廃棄に応じたリビアが核兵器開発用に保有していた遠心分離機などの部品を保管する米エネルギー省管轄の施設がある。ボルトン氏は具体的な施設名を挙げていないが、有力な搬出先候補として検討しているとみられる。

(5月15日16時01分)

国際(5月15日)