国内外ニュース

「パパのせりふを多く」 キャシーが舞台裏明かす

 取材会に登場した(左から)キャシー中島、勝野洋、勝野雅奈恵、勝野洋輔=15日、東京都内  取材会に登場した(左から)キャシー中島、勝野洋、勝野雅奈恵、勝野洋輔=15日、東京都内
 東京・俳優座劇場での舞台「すなっく ラ・ボエーム」に出演の俳優勝野洋、原案と制作統括を務めた妻でタレントのキャシー中島らが同劇場内で取材会を開き、作品の舞台裏などを語った。

 次女の勝野雅奈恵が脚本を書き、演出。長男勝野洋輔は出演し衣装も担当する。家族そろって作品にかかわることに「彼女(キャシー)の口車に乗せられた」とおどけた洋だが、「やりづらさを越えると快感があり、良い経験」と喜んだ。 

 1970年代の東京・南青山、ゲイのママが営むスナックを舞台に、心の傷を抱えた客らの人間模様を描く。キャシーが20代のころの実体験をモデルにしているという。

 “勝野ファミリー”の作品としては3作目といい、キャシーが「始まる直前はいつもけんか。私はパパのせりふをいっぱいね、とお願いする」と明かすと、口数の少ない役柄が多い洋が「九州の男はしゃべっちゃいけないんだよ」と抗議し、笑わせた。

 主演のママ役は渋谷天外。舞台は20日まで。

(5月15日17時12分)

文化・芸能(5月15日)