国内外ニュース

スルガ銀、多数が書類改ざん認識 シェアハウス融資

 シェアハウス融資を巡る混乱について謝罪するスルガ銀行の米山明広社長(右)ら=15日午後、静岡県沼津市  シェアハウス融資を巡る混乱について謝罪するスルガ銀行の米山明広社長(右)ら=15日午後、静岡県沼津市
 地方銀行のスルガ銀行は15日、シェアハウス向けのずさんな融資を巡る社内調査で、多くの従業員が書類の改ざんを認識していた可能性が高いと発表した。融資総額は2018年3月末時点で2035億円、顧客は1258人に上る。営業部門の幹部が審査部門をどう喝するなど圧力をかけ、審査機能が十分に発揮できていなかったとの認識も示した。

 スルガ銀は、調査で書類の改ざんに関し「ある種の割り切り」との意識が行員にあったと指摘。「相当数の行員が自己資金の偽装の可能性について認識していたと考えられる」と強調した。

 さらなる原因究明のために外部の弁護士による第三者委員会を設置する。

(5月15日19時27分)

経済(5月15日)