国内外ニュース

沖縄県の翁長知事が退院 「負託に応えたい」

 沖縄県庁で記者会見する翁長雄志知事=15日午後  沖縄県庁で記者会見する翁長雄志知事=15日午後
 膵臓腫瘍の切除手術を受け、膵がんと診断された沖縄県の翁長雄志知事(67)は15日、入院先の病院を退院し、県庁で記者会見した。12月に任期満了を控え、次期知事選への対応について「公務をしっかりとこなしていくのがいま一番の眼目だ。その中で、私への負託に応えていきたい」と述べるにとどめた。

 切除した腫瘍は約3センチで、がんの進行を表すステージは2だったと明らかにした。膵臓の周りのリンパ節に転移が確認されたが、切除したと説明した。診断に関して「冷静に受け止めながら、治療に向け全力を傾けて頑張っていきたい」と語った。定期的に通院し、抗がん剤治療を受ける予定という。

(5月15日17時06分)

政治(5月15日)