国内外ニュース

東京原油、高値続く 1キロリットル5万円に接近

 15日の東京商品取引所で中東原油の先物が値上がりし、指標価格の清算値(株価終値に相当)は1キロリットル当たり4万9720円を付けて大台の5万円に接近した。今年の最高値を更新し、改めて2015年6月下旬以来約3年ぶりの高い価格水準に上昇した。

 イランやパレスチナ情勢の緊迫化に伴い、中東からの原油の安定供給が滞ると懸念された。米国の原油需要が増加しているとの見方も先物高の要因。

 この先物は10月の中東産原油の価格を想定して取引され、指標の中心限月と呼ばれる。清算値は前日比1070円上昇した。

(5月15日17時12分)

経済(5月15日)