国内外ニュース

飛鳥・奈良の「吉野宮」正殿か ひさし巡る大型建物跡

 奈良県吉野町の宮滝遺跡で確認された、奈良時代前半の大型掘っ立て柱建物跡。四方にひさしが巡る構造をパイロンで示している(吉野町提供)  奈良県吉野町の宮滝遺跡で確認された、奈良時代前半の大型掘っ立て柱建物跡。四方にひさしが巡る構造をパイロンで示している(吉野町提供)
 奈良県吉野町の宮滝遺跡(国史跡)で奈良時代前半(8世紀)の大型掘っ立て柱建物跡が確認され、県立橿原考古学研究所と吉野町が15日発表した。四方にひさしが巡る構造は、天皇が住んだ内裏に匹敵する最高格式で、飛鳥宮や平城宮の内裏と同じ。飛鳥・奈良時代の天皇が盛んに訪れた離宮「吉野宮」の中心となる正殿の可能性がある。

 同研究所の菅谷文則所長は「天皇にだけ許される格式の建物が確認され、遺跡が吉野宮であることを決定づけた」と語った。

 調査では一辺1・2~2mの方形の柱穴跡を、過去の発掘も含め計15個を確認。建物本体の穴の外側に、ひさしを支えた柱穴もあった。

(5月15日19時58分)

文化・芸能(5月15日)