国内外ニュース

トヨタ、1100億円を出資 東南アジア配車大手グラブに

 トヨタ自動車は13日、東南アジアの配車サービス大手グラブに10億ドル(約1100億円)を出資すると発表した。トヨタから取締役と執行役員を1人ずつ派遣して関係を強化する。グラブが運営するレンタカー事業の車両に通信端末を設置し、ビッグデータを収集、活用するなど幅広く協業する。

 トヨタは昨年8月にグラブとの連携を発表し、車の状態や運転の仕方などの情報を、メンテナンスや保険料の設定に生かすことを検討してきた。今後は自動運転の車両を使った新しいサービスなども模索する。

 グラブは、シンガポールやマレーシアなど東南アジア8カ国の約200都市で、事業を展開している。

(6月13日12時56分)

経済(6月13日)