国内外ニュース

フラッシュ(4月6日)

  • 働き方改革法案を国会に提出
    4月6日17時50分
     政府は6日夕、残業規制や非正規労働者の処遇改善を盛り込んだ、働き方改革関連法案を国会に提出した。
  • 原発事故ADRで浪江町と東電和解打ち切り
    4月6日17時46分
     東京電力福島第1原発事故の慰謝料増額を求め、福島県浪江町の住民約1万5千人が申し立てた裁判外紛争解決手続き(ADR)で、国の原子力損害賠償紛争解決センターは6日、和解の仲介を打ち切ったと発表した。
  • 鹿児島の民家で2人死亡、殺人容疑で捜査
    4月6日17時40分
     鹿児島県警によると、同県日置市東市来町の住宅で6日午後、女性2人が室内で死亡しているのが見つかった。首にひものようなものが巻かれていたことから、県警は殺人事件の可能性があるとみて捜査を始めた。
  • 長野県が不妊手術記録保全を医療機関に依頼
    4月6日17時22分
     長野県は6日までに、旧優生保護法に基づく不妊手術に関する記録がある場合には保全するよう、県内の全1763医療機関に依頼した。
  • 鳥取・米子の強盗殺人の無罪判決見直しか
    4月6日17時16分
     鳥取県米子市のホテル支配人への強盗殺人罪に問われた石田美実被告(60)の上告審で、最高裁は6日までに、弁論を6月に開くことを決めた。懲役18年の一審判決を破棄し、逆転無罪とした広島高裁松江支部判決を見直す可能性がある。
  • 翁長知事が訪中取りやめ
    4月6日17時05分
     沖縄県は6日、検査のため入院している翁長雄志知事の中国訪問について、週末まで検査に時間がかかるため、取りやめると発表した。
  • 働き方法案に対決姿勢で臨むと希望代表
    4月6日16時51分
     希望の党の玉木雄一郎代表は6日、働き方法案に関し、野村不動産の社員が過労自殺した問題などに触れ「労働行政に対する信頼が著しく失われており、納得できない。対決姿勢で臨まざるを得ない」と東京都内で記者団に語った。
  • 高プロ許せば働き方崩れると立憲民主幹部
    4月6日16時45分
     立憲民主党の長妻昭代表代行は6日、働き方改革関連法案に関し「労働時間の規制が全くない高度プロフェッショナル制度を許せば、日本の働き方が崩れてしまう。すんなり審議入りさせるわけにはいかない」と東京都内で記者団に語った。
  • 防衛相「強い危機感抱く」と職員に訓示
    4月6日16時41分
     小野寺五典防衛相は6日、防衛省で幹部職員に訓示し、陸上自衛隊イラク派遣部隊の日報隠蔽問題について「防衛省・自衛隊に対する国民の信頼を揺るがす極めて大きな問題であり、大変強い危機感を抱いている」と述べた。
  • 「権限乱用し国政を混乱」と韓国地裁
    4月6日16時35分
     【ソウル共同】韓国のソウル中央地裁は前大統領、朴槿恵被告に対する判決の量刑理由で「権限を乱用し国政を混乱に陥れる不幸が繰り返されないよう、厳重に責任を問わざるを得ない」と指摘した。
1 2 3 4 5 6 7