国内外ニュース

フラッシュ(7月17日)

  • 将棋の豊島が初タイトル棋聖獲得
    7月17日18時37分
     将棋の第89期棋聖戦5番勝負の第5局は17日、東京都千代田区で指され、挑戦者の豊島将之八段が羽生善治棋聖を破り、初タイトルとなる棋聖を獲得した。タイトル通算100期獲得を懸けていた羽生棋聖は、10月に開幕する竜王戦に持ち越された。
  • 「保護主義と闘う」と日欧共同声明
    7月17日18時31分
     日本と欧州連合(EU)は共同声明で「世界貿易機関(WTO)を中心とする多角的貿易体制の重要な役割を強調し、保護主義と闘う」とした。
  • 日EUが経済連携協定に署名
    7月17日18時27分
     日本と欧州連合(EU)は17日、経済連携協定(EPA)に署名した。
  • 日大がアメフット部改善報告書を提出
    7月17日18時17分
     悪質な反則問題でアメリカンフットボール部の公式試合の出場資格が停止されている日本大は17日、処分解除を受けて今秋のリーグ戦に参加するために求められているチーム改善報告書を関東学生連盟へ提出した。
  • 愛知・豊田の小1男児が熱射病で死亡
    7月17日17時32分
     愛知県豊田市によると、17日午後、市内の小学1年男児(6)が搬送先の病院で死亡した。医師は熱射病と診断したという。
  • 野党がカジノ法案で国交相問責案を提出
    7月17日17時26分
     野党は17日、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備法案を巡り、石井啓一国土交通相の問責決議案を参院に提出した。
  • 参院6増法案、18日の衆院本会議採決決定
    7月17日17時26分
     衆院議院運営委員会の古屋圭司委員長は17日の理事会で、主な野党が欠席する中、18日に衆院本会議を開催し、参院定数を6増する公選法改正案を採決する日程を決めた。
  • 決壊被害のため池、防災重点選定は2割
    7月17日17時16分
     西日本豪雨で決壊被害があったため池21カ所のうち、農林水産省が「防災重点ため池」に選定していたのは2割の4カ所にとどまっていたことが17日分かった。農水省は選定方法を見直す方針。
  • 西日本豪雨、死者223人と警察庁
    7月17日17時16分
     西日本豪雨で警察庁は17日午後、被災地での死者が午後1時45分時点で223人に上ったと明らかにした。
  • プロ野球・巨人の老川オーナーが辞任
    7月17日16時42分
     プロ野球巨人は17日、老川祥一オーナー(76)が6月以降に所属選手らに不祥事が相次いだ責任を取り辞任したと発表した。
1 2 3 4