アイスホッケー女子日本 壁の厚さを痛感…新たな出発点に


 最後の試合では、5点差にもかかわらず、観客からの声援は大きくなる一方だった。しかし、スウェーデンにも零敗を喫し、日本はアイスホッケー女子予選リーグでとうとう1勝もできなかった。ともに肩を組み、泣きながらロッカーへ向かう選手たち。五輪出場でともに喜び、ともに泣いた代表メンバーたちの青春が、終わった。

 開催国として出場した地元での五輪は、世界との壁の厚さを痛感させられる経験となった。5戦全敗の結果しか残せなかった八反田コーチは「そんなに甘くはないと思っていた。大差の試合もあったし、60分間持続できるものがなかった」と、現実の厳しさに肩を落とした。

 世界のトップを争うカナダ、米国はやむを得ないにしても、実力的な開きがあまりないと思われた中国、スウェーデンと比較しても、スピード、テクニックの差ははっきりとしていた。

 ただ、今回の五輪に出場したことが、少ない競技人口の増加を呼び込み、それがさらに代表チームの強化につながる可能性はある。今後の発展を考え、第一歩と位置づけられたのが長野五輪だった。

 板橋監督は「今までの強化が無駄にならないように願いたい。世界の強豪と戦えるチームをつくってほしい」とさっそく先をにらんだ。五輪で選手たちが味わった悔しい思いは、日本の女子アイスホッケーの新たな出発点になるはずだ。

(1998年2月15日 信濃毎日新聞掲載・共同)