長野五輪ニュース・信濃毎日新聞

五輪フロント

競技結果
メダリスト
PDF号外
競技日程
写真グラフ
競技と選手
日本選手一覧
競技会場
五輪の舞台
アラカルト
周辺の情報
運営と支援
交通情報
観戦・入場券
五輪への足跡
五輪企画
五輪からあすへ
参加国紹介
テレビ番組

line

パラリンピック

line

信毎フロント
主なニュース
就職ガイダンス
写真グラフ
市町村の話題
インターネット
長野生活大百科
出版案内

信濃毎日新聞
会社案内
購読案内
広告案内

line

手作り花火・大獅子…閉会式は信州の祭り華やかに



 「さよなら、ナガノ」「ありがとう、ナガノ」−。第十八回冬季五輪長野大会の閉会式は二十二日、長野市の南長野運動公園で行い、七十二の国・地域から二千三百人余が集い、十六日間にわたって繰り広げた祭典に幕を閉じた。

 スタジアムは、世界中から集まった五万人の観衆であふれんばかり。各国の選手が入場すると、夜空をつんざくような拍手。感動のドラマを与えてくれた選手たち。伊那谷の獅子舞をはじめ、信州の各地に伝わる素朴な祭りが、一人ひとりを笛や太鼓でねぎらった。

 五輪旗が次期開催都市のソルトレークシティに手渡され、同市のスタッフが次期大会をアピール。サマランチIOC会長の閉会宣言に続き、五輪旗が退場すると、十六日間赤々と燃え続けた聖火が火を落とした。

 やがて、しんとした会場に、歌手の杏里が歌う「故郷(ふるさと)」の歌声。「夢は今もめぐりて 忘れがたき故郷…」。長野市児童合唱団も歌に加わり、スタジアムを埋め尽くした観衆が、一斉に提灯をともし、クライマックスに。

 最後は、一転、軽快な「WAになっておどろう」の歌と演奏。勝者も敗者も、女も男も、子どももお年寄りも、歌い、踊り、「ふるさと・ナガノ」で一つになった。


閉会式の関連ニュース

(見出しの先頭の□を選んで「選択決定」ボタンを押すと、記事が表示されます。複数の見出し選択可能)

手作り花火・大獅子…閉会式は信州の祭り華やかに (1998.2.22)
「ふるさとは地球」高らかに 長野五輪閉幕 (1998.2.23)
地球は一つ、輪一つに 確かな鼓動、長野からメッセージ (1998.2.23)
ここは日本のふるさと 岳の幟・獅子舞…観衆を魅了 (1998.2.23)
閉会式の主な内容 (1998.2.23)
サマランチIOC会長あいさつ (1998.2.23)
吉村NAOC副会長あいさつ (1998.2.23)
長野五輪閉会式リハーサル フィナーレは「故郷」大合唱 (1997.12.14)
長野五輪閉会式リハーサル 司会の欽ちゃん「たまらない興奮」 (1997.12.14)
長野五輪閉会式で披露・清内路の花火 有志会、火薬づくり終える (1997.11.25)
長野五輪閉会式 「欽ちゃん」の司会、固まる 祭り気分で… (1997.11.23)
五輪閉会式出演の獅子舞3団体、飯田市が補助金 (1997.11.22)
長野五輪 閉会式「太鼓で心を…」 岡谷で70人、仕上げ練習 (1997.11.20)
長野五輪 清内路「手作り花火」保存会員、閉会式出演へ結団式 (1997.11.10)
清内路「手作り花火」 有志会、閉会式出演に合意 (1997.11.5)
「清内路花火」出演で再交渉 保存会とNAOC (1997.10.31)
上田「岳の幟」 閉会式参加費用は1100万円 (1997.10.31)
清内路の手作り花火 閉会式の出演辞退、再確認 (1997.10.4)
五輪閉会式登場―「花馬祭り」 鮮やか、木曽馬の練り (1997.10.4)
五輪閉会式―獅子舞出演を 萩元氏ら飯伊の4座に要請 (1997.8.27)
五輪開閉会式場の仮設スタンド、安全祈願祭 (1997.8.26)
飾るフィナーレ…郷土の祭り4つ (1997.7.21)
長野五輪の閉会式飾る歌 「衝撃を」細部は秘密 浅利さんら構想 (1997.7.18)
長野五輪閉会式で構想 観客5万人が提灯演出 郷土芸能色を盛る (1997.7.15)
長野五輪閉会式 別所温泉「岳の幟」が登場 雨ごい祭り、世界へ (1997.6.27)
長野五輪の終幕―信州の雰囲気を 観客が「故郷」合唱 構想浮上 (1997.6.20)
長野五輪 閉会式に「花馬祭り」も 南木曽町に参加要請 (1997.6.7)
長野五輪 高森の獅子舞・清内路の花火 閉会式に出演要請 (1997.6.5)
長野五輪閉会式、概要が判明 郷土芸能で彩り 手作り花火や獅子舞 (1997.5.31)
開閉会式場 南長野運動公園、浅利氏らが視察 (1997.5.31)
長野五輪 閉会式「祭り」イメージ 演出でNAOC方針 (1997.3.25)


icon

line

掲載中の記事・写真・イラストの無断掲載を禁じます。
Copyright 1998 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun