長野五輪ニュース・信濃毎日新聞

五輪フロント

競技結果
メダリスト
PDF号外
競技日程
写真グラフ
競技と選手
日本選手一覧
競技会場
五輪の舞台
アラカルト
周辺の情報
運営と支援
交通情報
観戦・入場券
五輪への足跡
五輪企画
五輪からあすへ
参加国紹介
テレビ番組

line

パラリンピック

line

信毎フロント
主なニュース
就職ガイダンス
写真グラフ
市町村の話題
インターネット
長野生活大百科
出版案内

信濃毎日新聞
会社案内
購読案内
広告案内

line

ボブスレー・リュージュ会場


長野市浅川・「スパイラル」 (地図

 ボブスレー 競技結果競技紹介と日程日本選手
 リュージュ 競技結果競技紹介と日程日本選手
 長野市が同市浅川に建設していた98年長野冬季五輪ボブスレー・リュージュ会場(愛称・スパイラル)は、96年4月3日、施工業者が市に施設を引き渡した。

 スパイラルは、山林の北東側斜面約18ヘクタールに、15のカーブが連続する総延長約1700メートル、標高差113メートルのコースを整備。五輪ではコース周辺で約1万人が観戦できる。スタートハウス2棟(ともに木造2階建て)、管理棟(鉄筋コンクリート3階建て)も建設した。93年11月に着工、総事業費93億円。

コース図

W杯ボブスレー公式練習

 製氷方法はボブスレー・リュージュ施設としては世界初の「間接冷却方式」を採用。コース底部に走るパイプに、機械棟内でアンモニア冷却した不凍液を流す。パイプにアンモニアを流す従来の直接冷却方式と違い、コースが破損してもアンモニアが漏れず、環境に配慮したとしている。

 また、コースを56カ所に分けたそれぞれの区間の氷の温度をコンピューターが自動制御。日照で温度が上がると、自動的に冷やして均質な氷を保つ。

 今後、周辺を公園として整備、五輪後は競技施設、レジャー施設として活用する。夏季に滑車で滑る乗り物を取り入れることも検討している。


関連の記事

(見出しの先頭の□を選んで「選択決定」ボタンを押すと、記事が表示されます。複数の見出し選択可能)

スポーツ強化拠点構想―長野市が策定 文科省に提出 (2001.9.14)
名称使用揺れる「スパイラル」 「マイナスイメージ困る…」 (1998.10.20)
にぎわうスパイラル 整氷係はてんてこ舞い (1997.11.28)
野鳥の会と長野市 フクロウの巣箱、スパイラルに設置 追跡調査も (1997.11.6)
スパイラル滑走可能に スケルトン選手が試走 (1997.11.2)
スパイラル早くも散水結氷作業 ボブ・リュージュ会場 (1997.10.17)
スパイラルで進む結氷作業 来月の滑走、目標に (1997.10.10)
長野五輪ボブ・リュージュ会場 市、選手利用に協力 (1997.5.10)
ストーリー氏に聞く 「スパイラル」大変満足 (1997.3.6)
W杯ボブスレー長野大会 「見やすさ」工夫を 観客から不満の声 (1997.2.23)
長野五輪「スパイラル」 後利用、レジャー用そり検討 (1997.1.15)
長野五輪の舞台着々 スパイラル 「結氷」から「整氷」へ (1996.11.21)
長野五輪2施設「冬季トレセンに」 市が文部省に陳情へ (1996.11.15)
五輪の舞台「スパイラル」が完成 来週から製氷作業 (1996.11.9)
長野五輪 ボブ会場のスタート地点に観戦エリア NAOCが合意 (1996.7.27)
長野五輪ボブ・リュージュ会場を視察 国際連盟役員ら (1996.7.24)
長野五輪、ボブ・リュージュ会場完成 市内の競技施設で3カ所目 (1996.4.4)
長野市の五輪3施設 正式名称決まる (1996.3.27)
長野五輪 「ボブスレー・リュージュ」コース 試験滑走始まる (1996.2.28)
ボブスレー、リュージュ会場 両会長が視察 自然と調和に満足感 (1995.12.6)
ボブスレーコース短縮 「自然環境自然に配慮」 (1992.6.16)

line

掲載中の記事・写真・イラストの無断掲載を禁じます。
Copyright 1998 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun