長野五輪ニュース・信濃毎日新聞

五輪フロント

競技結果
メダリスト
PDF号外
競技日程
写真グラフ
競技と選手
日本選手一覧
競技会場
五輪の舞台
アラカルト
周辺の情報
運営と支援
交通情報
観戦・入場券
五輪への足跡
五輪企画
五輪からあすへ
参加国紹介
テレビ番組

line

パラリンピック

line

信毎フロント
主なニュース
就職ガイダンス
写真グラフ
市町村の話題
インターネット
長野生活大百科
出版案内

信濃毎日新聞
会社案内
購読案内
広告案内

line

フィギュア・ショートトラック会場


(ホワイトリング)長野市真島町(地図)


フィギュア 競技結果競技紹介と日程日本選手
ショート  競技結果競技紹介と日程日本選手

外観  長野市真島町に同市が建設していた98年長野冬季五輪フィギュアスケート・ショートトラックスピードスケート会場(愛称ホワイトリング)が96年3月29日、完成した。同市内の五輪競技会場としては若里のアイスホッケーA会場(ビッグハット)に次ぐ施設。

 ホワイトリングは、敷地面積約6ヘクタール。ドーム型のメーン会場は鉄筋コンクリート3階建て1万6千平方メートルで、高さは約40メートル。周囲の田園地帯に合わせて「水玉」をイメージした。北西側には、練習会場(3500平方メートル)も併設した。93年(平成5年)9月に着工し、総事業費148億円を投じた。

 メーン会場には縦60メートル、横30メートルのリンク1面が設置される。12月に氷を張ってテストする。2階、3階に観客席計5300席を備え、電光表示板を2カ所設置した。リンク部分には板張りの床をはめ込んでスケート以外の室内競技にも利用できるようにした。

 五輪後は、市民向けの体育施設として利用する計画で、正式名称は「真島総合スポーツアリーナ」となる。(1996年3月30日 信濃毎日新聞掲載)

フィギュア
東日本フィギュア選手権
(1996年12月14日)
ショートトラック
世界ショートトラック選手権
(1997年3月29日)


関連の記事

(見出しの先頭の□を選んで「選択決定」ボタンを押すと、記事が表示されます。複数の見出し選択可能)

ホワイトリング メーンアリーナの改装終了 体育館に衣替え (1999.6.2)
初日熱気氷も溶かす 途中で室温調整 (1998.2.18)
ホワイトリング場内照明、一時消え アイスダンス競技中断 (1998.2.17)
外周のマット、全体に敷設へ ホワイトリング (1998.2.2)
氷上に鮮やか…エンブレム ホワイトリングで塗装 (1997.9.15)
長野五輪 迫る足音…ホワイトリング、結氷作業始まる (1997.9.13)
フィギュアの殿堂「ホワイトリング」 長野市に完成、合唱で祝う (1996.9.7)
フィギュア会場が完成 五輪施設2番目「ホワイトリング」 長野 (1996.3.30)
長野市の五輪3施設 正式名称決まる (1996.3.27)
長野五輪フィギュア会場 座席7351で合意 「立ち見」なし (1996.3.6)
長野五輪フィギュア会場 座席6千、立ち見2千確保 ISUに説明 (1996.3.5)

line

掲載中の記事・写真・イラストの無断掲載を禁じます。
Copyright 1998 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun