長野五輪ニュース・信濃毎日新聞

五輪フロント

競技結果
メダリスト
PDF号外
競技日程
写真グラフ
競技と選手
日本選手一覧
競技会場
五輪の舞台
アラカルト
周辺の情報
運営と支援
交通情報
観戦・入場券
五輪への足跡
五輪企画
五輪からあすへ
参加国紹介
テレビ番組

line

パラリンピック

line

信毎フロント
主なニュース
就職ガイダンス
写真グラフ
市町村の話題
インターネット
長野生活大百科
出版案内

信濃毎日新聞
会社案内
購読案内
広告案内

line

アイスホッケー

競技会場 長野市・ビッグハット、アクアウイング

☆競技日程(一覧表参照)


競技の紹介

☆氷上の格闘技

 直径8センチ足らずのパックめがけて、身長190センチ、体重90キロを超える大男たちが時速60キロとも言われるスピードで突進、激突する。厚い防具と、独特のマスクで身を固めるゴールキーパーは、時速200キロ近い速さで放たれるシュートを超人的な反射神経ではじき、またはキャッチする。そのスピードと迫力は「氷上の格闘技」と呼ばれるアイスホッケーの醍醐味だ。

 特にその最高峰であるプロリーグ、NHL(National Hockey League)は、北米をはじめ、ロシア、チェコ、スウェーデンなど約600人の世界各地の猛者が26チームに分かれて、最強チームの証であるスタンレーカップを目指して熱戦を展開している。

 長野五輪では、五輪史上初めて、このNHLのプロたちがこぞって参加。バルセロナ五輪で米国のNBA(全米プロバスケットボール協会)選手らが初参加した「ドリームチーム」が、アイスホッケーでも実現する。

 1988年のカルガリー大会からプロ参加は認められていたものの、NHLシーズンと重なるため、契約上チームの試合を抜けられないトッププロたちは、五輪参加の道を事実上閉ざされていた。が、長野五輪期間中、NHLの各チームがその80年の歴史で初めて、五輪のためにシーズンを中断することで合意し、プロの参加の道が開けた。

 長野五輪には男子はカナダ、アメリカ、ロシア、チェコ、スウェーデン、フィンランド、フランス、イタリア、ドイツ、スロバキア、ベラルーシ、カザフスタン、オーストリア、日本の14チームが参加する。このうち、フィンランドまでのトップ6は1次リーグが免除され、2次リーグからの登場となる。

 長野五輪から初めて公式種目となった女子アイスホッケーは、今年行われた世界選手権の結果、カナダ、アメリカ、フィンランド、中国、スウェーデンの上位5チームに開催国の日本を加え、初の優勝国の座を争う。

アイスホッケー
アイスホッケー男子予選 日本−ドイツ戦(98年2月7日)


☆現在の世界のアイスホッケー事情

 現在、アイスホッケーは、オリンピック、世界選手権、ワールドカップ(96年からカナダカップを発展、改称)の3大大会で、各国が実力を競っている。世界選手権の最高峰、Aグループには12カ国が所属、1次リーグを勝ち上がった6カ国が2次リーグでトップの座を争う。

 96年大会では、チェコがカナダを破って国家分裂後、初の優勝を飾った。3位決定戦はアメリカがロシアを破った。

 97年大会は、カナダが決勝(3回戦制)でスウェーデンを破り、3年ぶり21度目の優勝を飾った。3位決定戦はチェコがロシアを破った。

 プロ参加が認められている世界選手権は、NHLレギュラーシーズン後に行われるため、レギュラーシーズンでプレーオフ進出が果たせなかったプロチームの選手も参加している。

 昨年から、それまでのカナダカップから規則と名称を変えたワールドカップ大会は、NHLシーズン入り前に行われるため、プロ選手が母国のユニフォームを来てプレーできる貴重な大会だ。96年大会では、ともに登録選手すべてをNHL選手で固めたアメリカとカナダが決勝で対戦、アメリカが初優勝した。

 ちなみに、カナダカップ第1回大会(76年)はカナダ、第2回(81年)はソ連、第3回(84年)、第4回(87年)、第5回(91年)はいずれもカナダが優勝している。


☆世界の強豪たち

 五輪では、かつて「ビッグレッドマシン」の異名をとった旧ソ連チームが、64年のインスブルック大会(オーストリア)から76年のインスブルック大会まで4連覇するなど、最多の7つの金メダルを獲得している。(92年のアルベールビル大会でEUNとして獲得した金メダルは除く)
 しかし、ソ連崩壊後は国内の有力選手がNHLに流出してしまったため、現在のロシアにはかつて旧ソ連が誇っていた圧倒的強さは見られなくなっている。

 初期の段階では圧倒的強さを誇り、過去6回金メダルを獲得しているカナダは、52年のオスロ大会で獲得して以来、金メダルに見放されている。(72年の札幌、76年のインスブルックはアイスホッケー競技参加をボイコット)が、NHL選手参加が認められた長野五輪では、発祥の地として復権をめざすべく全力を注いでくるのは必至で、優勝候補の筆頭に挙げられている。

 過去2回優勝のアメリカも、登録選手をすべてNHL選手で固め、カナダと並んで優勝候補のトップに名を連ねている。

 欧州勢では、フィンランド、スウェーデン、チェコもNHL選手中心にチームを編成し、優勝争いに絡んでくると予想される。


☆日本は

 五輪での日本勢(男子)は、60年のスコーバレー大会での8位が最高。世界選手権でも、カザフスタンなど、かつて旧ソ連に所属した国々の参加で、96年大会ではBグループ最下位に終わり、9シーズンぶりにCグループに転落した。

 97年3月に開かれた世界選手権Cグループでは、決勝リーグに残ったものの4位に終わった。だが、世界選手権の規定が変更になり、Aグループに極東枠が1ヵ国設けられることになったため、世界選手権で中国より上位の成績を残した日本が、次回からはAグループに参加することになった。しかし、長野五輪に集う各国との実力差は歴然だ。

 80年のレークプラシッドを最後に五輪参加の厚い壁に阻まれている日本は、NHLカルガリー・フレームスの元ヘッドコーチ、デイブ・キング氏をゼネラルマネージャーに、元スイスB代表監督のビヨン・キンディング氏を監督に招き、実力強化に力を入れている。また、日本リーグで活躍している日系人選手も帰化を申請、貴重な戦力となった。

 女子アイスホッケーの勢力図は、現在、アメリカ、カナダの2強に、フィンランド、スウェーデン、中国の五輪出場国が続く。日本は、96年4月にカナダで開かれたパシフィック大会でカナダに0ー18、中国に1ー5で完敗。男子とともに、トップチームとの実力差は否めない。今後、長野五輪へ向け、若手中心のチーム編成で海外強化遠征などをこなし、強化に努めていく構えだ。


選手の紹介 <日本選手 関連ニュース>

男子代表
GK
岩崎伸一
二瓶次郎(以上コクド)
芋生ダスティ(西武鉄道)
DF
三浦浩幸
工藤篤緒
片山立規
川口寛(以上コクド)
山中武司(王子製紙)
小堀恭之
三浦孝之(以上西武鉄道)
FW
辻占スティーブンケン
小友坊
坂井寿如
伊賀裕治
八幡真
桑原ライアン春男
ユール・クリス(以上コクド)
杉沢明人
川平誠
桜井邦彦
松浦浩史(以上王子製紙)
藤田キヨシ
樺山義一(以上西武鉄道)
女子代表
GK
小田由香(岩倉ペリグリン)
渡辺はる香(コクドレディース)
DF
近藤陽子(日体大女短大)
佐藤理絵
佐久間千絵
帯川牧子(以上岩倉ペリグリン)
畠中亜希子(北星学園大)
吉見菜保(コクドレディース)
里見結子(酪農学園大)
FW
尾野聡美
荒城三晴
五十嵐充子
佐藤雅子
藤原志保(以上岩倉ペリグリン)
十川由希(北海道教大釧路校)
佐藤あゆみ(立大)
大野ゆかり(コクドレディース)
須藤亜貴(釧路六花亭ベアーズ)
土田亜希(釧路江南高)
仲晶子(立命大慶祥高)
line

掲載中の記事・写真・イラストの無断掲載を禁じます。
Copyright 1998 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun