辰野の矢彦神社・塩尻の小野神社 来年開催の「御柱」統一ポスターでPR

(2010年11月30日) 

矢彦、小野両神社の御柱祭を紹介するB1判の統一ポスター

 ともに7年目ごとに1度開く矢彦神社(辰野町小野)と小野神社(塩尻市北小野)の両御柱祭を来年に控え、両地区住民でつくる小野御柱祭観光推進協議会が祭りをPRする統一ポスターを作った。これまでは各神社御柱祭の実行委員会がそれぞれ独自に作っていたが、一層の誘客を図ろうと初めて一緒にした。
 大きさはB1判と、その半分のB2判の2種類で、計1600枚印刷した。シンプルで目立つ赤を基調にし、両神社御柱祭共通の里曳(び)き、建て御柱の日程(来年5月3~5日)を記載。中心部分に「小野おんばしら」と大書してあり、平仮名の5文字全体で太く真っすぐな御柱を表現したという。右下に、両神社の御柱祭の内容、日程などを紹介したインターネットサイトに接続できる2次元バーコード(QRコード)を入れた。
 ポスターの図柄は今後、土産品や各種書類などにも活用していく。協議会長の小野光明・塩尻市議は「御柱祭の象徴になる図柄だ。協力してPRし、一人でも多くの人に来てもらいたい」としている。