TOP2014年10月14日目ドキュメント

 10日午前6時 捜索隊の地上部隊約180人が入山開始
 同28分 陸上自衛隊ヘリ1機目が県営松本空港を離陸
 同58分 ヘリ部隊が捜索開始
 8時半過ぎ 陸自の岩田清文陸上幕僚長がヘリで山頂付近に到着。隊員を激励し、上空から噴火の状況を確認
 9時半 木曽郡町村会と議長会が木曽町を災害見舞い。この後、王滝村にも
 同 木曽町が会見し、待機所に1家族2人が待機し、町内の旅館にも他の家族がいるとみられると説明
 10時 岩田陸幕長が王滝村役場を訪問
 同 気象庁が火山噴火予知連絡会に「火山情報の提供に関する検討会(仮称)」を新設すると発表
 11時半 県災害対策本部が県庁で会見。捜索範囲の約7割が捜索完了と発表
 午後1時 県旅館ホテル組合会が災害時の対応について特別委員会を開催。御嶽山噴火も踏まえ、情報共有などの連携強化を確認
 2時13分 地上部隊が下山開始
 3時3分 ヘリ部隊も下山開始
 同56分 捜索終了
 5時 県と国の災害対策本部が県庁で会議。陸上自衛隊第12旅団の岡部勝昭幕僚長は「エリアとしてはほぼ100%を捜索した」と報告
 同 木曽町が記者会見。11日に視察に訪れる政府調査団に、噴火時の避難対策などで国の財政支援を求める考えを表明

2014年10月11日掲載