TOP2014年10月安否確認などの情報

 ■登山者の安否確認など
 ▽フリーダイヤルを木曽署(電話0120・007・285)と県警本部(電話0120・008・046)に開設

 ■保険、貯金、金融関係
 ▽生命保険協会 契約者や被保険者が死亡・行方不明となり、契約の有無が分からず保険金請求が困難な場合、災害地域生保契約照会センター(電話0120・001731)を窓口に加盟社へ調査依頼をする
 ▽日本損害保険協会 同様に自然災害損保契約照会センター(電話0570・001830、電話03・6836・1003)で対応する
 ▽日本郵政グループ 貯金関係は通帳や証書、印鑑をなくした場合も10月28日まで、1人20万円を上限に払い戻せる。ゆうちょコールセンター(電話0120・108・420)。かんぽ生命保険や簡易生命保険は、保険料の支払い猶予期間を最長6カ月延長、保険金の即時払いなどに10月28日まで応じる。かんぽコールセンター(電話0120・552・950)
 ▽八十二銀行 災害復興特別融資の取扱期間を来年9月30日まで延長し、被災事業者や経営に大きな影響を受けている事業者を対象に、災害対応資金を通常より低利で融資。農林漁業者ローン「経営上手〈めぐみ〉」の融資利率を、被害を受けた事業者は年0・5%引き下げる
 ▽長野銀行 災害の復旧や対応に伴う事業資金を通常より有利な条件で融資。県内の出張所を除く全52店に資金相談窓口を開設。

 ■噴火で被害を受けた企業の資金繰りなどの相談
 ▽日本政策金融公庫 長野、松本、小諸、伊那の各支店
 ▽商工中金 長野、諏訪、松本の各支店
 ▽県信用保証協会 保証統括部、本店営業部、松本、上田、飯田、諏訪、佐久、伊那、中野の各支店
 ▽県産業労働部 県庁、県中小企業振興センター(長野市)、県内10地方事務所の「中小企業金融相談窓口」

2014年10月28日掲載