TOP2014年10月県警が家族への説明会の様子公開

 御嶽山の噴火災害で県警は29日、今月2日に行方不明者の家族らを対象に木曽署で開いた説明会の写真を公開した。説明会には家族ら約40人が出席し、機動隊の副隊長らが山頂付近の映像などを見せながら捜索状況を説明した。

 1日は山頂付近から心肺停止状態の35人を山麓に搬送。2日は降雨で捜索活動を中断しており、詳しく状況を伝えようと開いた説明会では、スクリーンに映し出された山頂付近の様子を写真に収めようと、カメラのシャッターを押す家族もいたという。

 行方不明者の家族らの対応に当たった県警本部の布施谷明子警部(47)は29日の記者会見で「(私たちが伝えた捜索状況などを)家族の待機所で熱心に紙に書く人もいた。こちらも込み上げてくるものがあり、寄り添うように接した」と話していた。

2014年10月30日掲載