TOP2014年12月山麓の住民ら、黙とう・献花 発生から3カ月
噴火時刻に合わせ黙とうする地元関係者ら=27日午前11時52分、木曽町三岳
王滝村の献花台前で御嶽山に向かって手を合わせる人たち=27日午前11時52分

 57人が死亡、6人が行方不明となっている御嶽山(長野・岐阜県境、3067メートル)の噴火災害は27日、発生から3カ月となった。噴火時刻の午前11時52分、木曽郡木曽町三岳の太陽の丘公園に設けられた献花台では、地元の三岳旅館組合と町職員、議会の有志ら計約70人が黙とうし、犠牲者の冥福と来年の一刻も早い捜索再開を願った。同郡王滝村の松原スポーツ公園にある献花台にも、犠牲者の冥福を祈る人たちが訪れた。

 木曽町では、原久仁男町長や同旅館組合の本南忠宜組合長(77)らが献花台に花を手向けた。「今年の区切り」との思いもあり訪れたという本南組合長は「一刻も早く、不明になられた方々が発見されることを心から願っている」とあいさつ。11時52分になると、集まった人たちが晴天で雪に覆われた頂をのぞかせた御嶽山の方向に頭を下げ、黙とうをささげた。

 原町長は取材に、この3カ月は「早かった」と振り返り、来年は「今年のような自然災害がない、穏やかな年であってほしい」と話した。同町内の開田高原マイアスキー場でも約30人の従業員が始業前の午前7時すぎ、黙とうをささげた。

 松原スポーツ公園の献花台には、噴火時に仲間と3人で山頂の剣ケ峰にいて無事下山したという駒ケ根市の会社員男性(56)が訪れ、「大勢の方が亡くなってしまい気の毒だった。(噴火と同じ)27日に来たいと思っていた」と、冠雪した山頂付近を見上げた。京都ナンバーの車の男性は、山頂付近をじっと眺めたり、写真を撮ったりしていた。噴火時刻に合わせて訪れる村民もいた。

 9月27日の紅葉シーズンに噴火した御嶽山は現在、雪に覆われている。捜索再開は、雪が解ける来春以降の予定だ。火口から4キロ圏内は入山規制が続き、一部が区域内に入っている王滝村のスキー場「おんたけ2240」は今冬の営業を当面見送るなど、山麓では観光業を中心に影響が続いている。

2014年12月27日掲載