TOP2015年01月御嶽山麓、太鼓でエール 木曽で5日、復興と鎮魂のコンサート

 昨年9月に噴火した御嶽山の麓にある木曽郡木曽町の木曽福島会館で2月5日、和太鼓のチャリティーコンサート「鎮魂と希望の太鼓」が開かれる。同町出身の東宗謙(ひがしむねのり)さん(65)が社長を務め、各地で和太鼓スクールを運営している「太鼓センター」(京都市)が企画。和太鼓で山麓の同町と王滝村を元気づけたいと考えている。

 東さんは、火砕流で人的被害を出した1991年の雲仙・普賢岳(長崎県)噴火や95年の阪神大震災の後などにも、被災地でチャリティーコンサートを開いてきた経緯がある。御嶽山の噴火では57人が犠牲になり、山麓は危険との風評も広がった。観光客が減る中、故郷に人を呼び込めないかと町に相談し、コンサートを開くことになった。

 当日はセンターに所属する太鼓奏者65人が参加する。第1部は「社長杯選手権」と題し、6グループの演奏を聞いて来場者が投票し、グランプリと準グランプリを決める。第2部では、国内外で公演するセンター専属のプロ演奏集団3グループが演奏を披露する。

 東さんにとって、御嶽山は小さいころから登った身近な山。噴火の被害に心を痛め、昨年は町内の献花台に足を運び、犠牲者の冥福を祈った。当日は自身も鎮魂の思いを込め、演奏を披露するつもりでいる。東さんは「太鼓には人を元気にする力がある。多くの人に来てもらい、少しでも故郷の役に立ちたい」と話している。

 コンサートは午後3時から。無料。問い合わせは木曽町教育委員会(電話0264・23・2000)へ。

2015年1月29日掲載