TOP2015年01月噴火による離職者対象に就職面接会 木曽で3月5日

 木曽郡の町村や木曽福島公共職業安定所などでつくる木曽地区雇用対策推進協議会は3月5日、御嶽山の噴火災害の影響で勤務先が経営不振となり、人員整理された求職者らを対象に木曽郡木曽町の県木曽合同庁舎で就職面接会を開く。製造業やサービス業など地元の約20社が参加する予定で、求職者と面談する。

 長野労働局によると、噴火災害を理由として木曽職安に求職を申し出たのは、昨年9月27日の噴火後から今月29日までに33人。このうち23人は既に就職先を見つけたり、求職の申し出を辞退したりしたが、残り10人はまだ就職先が決まっていない。職安に通わずに就職活動を続ける求職者も少なくないとみられている。

 面接会は午後1時半から午後3時半。事前の申し込みは不要。問い合わせは同協議会事務局の木曽職安(電話0264・22・2233)へ。

2015年1月31日掲載