TOP2015年03月安全対策確認 防災協、入山規制縮小前に
立ち入りが規制されている御岳ロープウェイ方面への道路=30日、木曽町三岳の鹿ノ瀬温泉

 御嶽山の火山災害に備え、長野、岐阜県などの関係機関が防災態勢づくりを進める「御嶽山火山防災協議会」の2回目の会合が30日、木曽郡木曽町の県木曽合同庁舎で開かれた。火口2キロ圏の外側の山小屋や御岳ロープウェイなどの施設の安全対策を確認。これを受け、気象庁は近く、警戒の必要な範囲を火口からおおむね3キロ圏内から、一部を除き2キロ圏内とする。地元自治体が雪解け後に入山規制区域を縮小する。

 事務局が、木曽町三岳からの黒沢口登山道は8合目の山小屋「女人堂」まで、同町開田高原の開田口登山道と岐阜県側の登山道は三ノ池まで登れると示した。市町村が決める縮小時期は、雪解け後とし、「例年6月下旬」とした。

 一方、王滝村の王滝口登山道は2キロ圏内まで避難施設がないため、立ち入りは7合目付近の田の原遥拝(ようはい)所までとする。

 木曽町、王滝村、岐阜県下呂市の担当者は、関係施設に屋外スピーカーや拡声器を備えるなどの防災対策を説明。御嶽山の噴火シナリオや火山ハザードマップ、防災計画などをつくる、構成機関で訓練をするといった2015年度の事業計画も決めた。

 両県や市町村、消防、警察、観光団体のほか、気象台、国土交通省、自衛隊など約50の構成団体の幹部が出席。御嶽山を研究している東濃地震科学研究所(岐阜県瑞浪市)の木股文昭・副首席主任研究員は「国と県はもっと速やかに火山情報を伝えるようにしないといけない」と求めた。

 5段階の噴火警戒レベルは3(入山規制)が維持される。

2015年3月31日掲載