TOP2015年06月一ノ池周辺を詳細調査 第2回調査隊30日派遣

 昨年9月に噴火した御嶽山(長野、岐阜県境3067メートル)で行方不明になっている6人の捜索再開に向け、県災害対策本部(本部長・阿部守一知事)は30日、調査隊を再度派遣する。山頂の剣ケ峰や剣ケ峰―王滝頂上間の八丁ダルミ、剣ケ峰北の一ノ池や二ノ池付近を調べ、今後の先遣隊、捜索隊の派遣に備える。

 県危機管理部によると、調査隊は県警13人、県2人、山小屋関係者4人、木曽郡木曽町職員1人、同郡王滝村職員2人の計22人。午前5時ごろに王滝村の田の原から入山し、雪解けや火山灰の状態などを確かめ、午後3時ごろ下山する。

 同本部は今月10日にも調査隊を派遣しており、その後の状況変化を調べる。捜索関係者によると、行方不明者6人のうち2人が被災したと推定され、前回は目視だけだった一ノ池周辺を詳しく調べる目的もある。

 また、噴火時に山小屋をシェルター(避難壕(ごう))として使えるかどうかも再確認し、可能なら山小屋を現地にある資材で修繕する予定だ。

 気象庁は26日に、御嶽山の噴火警戒レベルを3(入山規制)から2(火口周辺規制)に引き下げた。地下の熱水の動きなどで生じる火山性微動は昨年12月以降観測されておらず、地殻変動の活発化を示す変化もないが、弱いながらも火山性地震と噴煙の噴出が続いている。

2015年6月30日掲載