TOP2018年05月御嶽山火山マイスター 木曽で初会合
活動内容などについて話し合った御嶽山火山マイスターの初会合=11日、木曽町

 御嶽山噴火災害を教訓に創設された「御嶽山火山マイスター」の認証を4月に受けた木曽郡内の8人が11日、初会合を同郡木曽町で開いた。火山防災や観光発信といった、それぞれが目指す活動の一方で、マイスターによる自主組織を設け、合同研修の実施、住民向け講座開催などを検討していくと決めた。

 8人は「御嶽山についてよく学び、畏(おそ)れ、(山の恵みなどを)再発見する」を活動の基本に据える。自主組織を設け、活動内容は、マイスター先進地の北海道・有珠山の地元にある組織の活動を参考にするという。研修などのほか、インターネット上の情報発信も検討していく。

 自主組織の名称は未定。代表に就いた王滝村の公民館長沢田義幸さん(61)は、「御嶽山に関するさまざまなことを伝えられるようになりたい」と述べた。

2018年5月12日掲載