TOP月別アーカイブ

2014年9月の記事一覧

9月
29

生還者、安堵と悲しみ 山頂近く歩くのも精いっぱい

 山麓で待つ家族の願いも届かず、男性4人の死亡が確認された。27日に起きた御嶽山の噴火。28日の救出活動は火山ガスに阻まれて難航、ようやく搬 …全文を読む

9月
29

木曽町の体育館で4人の死亡確認

 御嶽山の山中で見つかった男性4人が28日、心肺停止状態で木曽郡木曽町新開の旧上田小学校体育館に運び込まれ、同日夜に死亡が確認された。県警に …全文を読む

9月
29

下山待つ家族「無事でいて」

 御嶽山麓の木曽郡王滝村と木曽町では28日、家族らの安否情報を求める大勢の人たちが待機。「無事でいてほしい」。祈りながら不安な時を過ごした。 …全文を読む

9月
29

人命救助に協力を 県、政府調査団に要請

 御嶽山の噴火を受け、政府は28日、西村康稔内閣府副大臣を団長とする調査団(5人)を県内に派遣した。調査団は被害状況などの説明を受けるため県 …全文を読む

9月
29

見通せぬ噴火活動 火山噴火予知連、予知の難しさ強調

 気象庁で28日開いた火山噴火予知連絡会の記者会見は、噴火前に多発した火山性地震を噴火の前兆と判断しなかったことに対する評価や、今後の噴火活 …全文を読む

9月
29

活発な状態続く可能性 信大・三宅教授

 信州大の三宅康幸教授(火山地質学)は28日、水蒸気爆発とした予知連の見解について取材に「8、9割は賛成」との見方を示した。三宅教授は同日、 …全文を読む

9月
29

火山噴火予知連会長 主なやりとり

 藤井敏嗣・火山噴火予知連絡会長との主なやりとりは次の通り。  ―噴火を予知できなかったのか。  「水蒸気爆発は突発的に起こることが多いの …全文を読む

9月
29

救助阻む火山ガス 二次災害危険、活動中断

 御嶽山噴火で県災害対策本部は28日、有毒ガスの発生を理由に、この日の行方不明者の捜索を午後2時に打ち切った。火山灰が積もる中での救助活動は …全文を読む

9月
29

降灰の風評、農家懸念 「御嶽はくさい」18ヘクタール被害

 国土交通省中部地方整備局(名古屋市)は28日、ヘリコプターを使って御嶽山噴火に伴う降灰の状況を調査し、御嶽山東側の木曽郡木曽町開田高原周辺 …全文を読む

9月
29

県内でDMAT初活動 県内外の26チーム

 御嶽山の噴火災害を受け、県内外の医療機関が派遣したDMAT(ディーマット=災害派遣医療チーム)が、けが人の手当てなどに当たっている。27日 …全文を読む
前の10件 1  2  3  4  5  6  7
メインページ2014年10月 »