TOP月別アーカイブ

2014年10月の記事一覧

10月
26

濁川上流部、土砂除去急ピッチ 王滝の現場ルポ

 御嶽山の火山灰で水が濁り、土石流の発生が懸念される木曽郡王滝村の濁川(濁沢川)上流部で、土砂の除去が急ピッチで進んでいる。25日、中部森林 …全文を読む

10月
26

塩尻の男性遺品 噴火後も時刻む腕時計 無傷に驚く妻「大切な形見に」

 御嶽山(長野・岐阜県境、3067メートル)の噴火で亡くなった塩尻市峰原の会社員林卓司さん(54)の腕時計が、火山灰をかぶっても壊れずに時を …全文を読む

10月
26

御嶽山の活動状況(気象庁まとめ)

・周辺の火山性地震 25日午前0時~午後11時に毎時0~1回 ・噴煙 火口からの高さ300メートルで東へ(25日午後3時50分現在) ・二酸 …全文を読む

10月
25

山麓、切実な声 商工・観光関係者と知事が意見交換

 御嶽山(長野、岐阜両県境、3067メートル)の噴火による地域経済への影響を把握するため、県は25日、木曽郡木曽町、王滝村の商工・観光関係者 …全文を読む

10月
25

御嶽山の活動状況(気象庁まとめ)

・周辺の火山性地震 25日午前0時〜正午まで毎時0〜1回 ・噴煙 火口からの高さ200メートルで東方面へ(25日午前7時50分現在)

10月
25

御嶽山教訓、手紙に託す 飯島の山岳ガイド、仲間ら100人に

 御嶽山(長野・岐阜県境、3067メートル)の噴火に山頂直下で遭遇し、生還した上伊那郡飯島町の山岳ガイド小川さゆりさん(43)が、噴火のリス …全文を読む

10月
25

「自然のリスク共有を」指摘 県内の山岳関係者

 御嶽山の噴火災害は、安全登山を目指してきた県内の山岳関係者にも衝撃を広げた。県山岳総合センター(大町市)の杉田浩康所長(61)は、発生頻度 …全文を読む

10月
25

噴火の悲劇、どう防ぐ 山を愛する人のために

 57人が死亡し、戦後最悪の火山災害となった御嶽山(長野・岐阜県境、3067メートル)の噴火災害から27日で1カ月となる。今年の捜索は既に打 …全文を読む

10月
25

水蒸気爆発の予知「力を入れる必要」 噴火予知連検討会

 火山噴火予知連絡会の観測体制等に関する検討会(座長・清水洋九州大大学院教授)は24日、御嶽山の噴火を踏まえ、活火山全体の観測強化を検討する …全文を読む

10月
25

火山研究の課題議論 文科省部会

 文部科学省科学技術・学術審議会の地震火山部会(部会長・平田直東京大地震研究所教授)は24日、御嶽山噴火後、2回目の会合を都内で開き、火山研 …全文を読む
前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
« 2014年9月メインページ2014年11月 »