写真グラフ
 

大人にだって青春!「アラフォーアイドル」  県内女性ら「サムライローズ」活躍中
(2014年8月18日掲載)
 

「諏訪よいてこ」で開いたステージでポーズをとる「サムライローズ」の長野地区メンバー。(上から時計回りに)ホームセンターBlueさん、マッスル清水さん、みっちゃんさん、ナンコツ姫さん=7月19日、JR上諏訪駅前





歌手になりたいという子どものころからの夢を、母親になってからかなえたホームセンターBlueさん(右)。2人の子どもたちと夕食の準備をしながら歌の練習=8日、佐久穂町




普段は観光ガイドをしているみっちゃんさん。「ガイドもアイドルも、お客さんに喜んでもらえた時がうれしい」=7月28日、富士見町の入笠湿原
 

新調したそろいの衣装に身を包み、新曲の練習に励むリーダーのサラさん(中央)ら「サムライローズ」の関東・長野地区メンバー=17日、東京都豊島区



スタジオを借りられない日は窓ガラスに姿を映して練習=7月14日、岡谷市のおかや総合福祉センター




諏訪赤十字病院の手術室で看護師として働くマッスル清水さん。「仕事との両立は大変だけど、やっていることが楽しいから毎日元気でいられる」=7月28日、諏訪市




平日は派遣社員として働くナンコツ姫さん。通勤の車中では「サムライローズ」や「AKB48」の曲を口ずさみながらハンドルを握る=13日、松本市

 「AKB48」を筆頭に、若者中心のアイドルグループが数多く結成されて人気を集める中、「大人にだって青春がある」をうたい文句に、県内の4人を含む全国の「アラフォー世代」の女性でつくるアイドルグループ「サムライローズ」が活躍中だ。日常では家事や仕事に追われる平均年齢45歳の女性たちが、若者に負けない輝きを放っている。

 長野地区メンバーは看護師のマッスル清水さん(53)=諏訪市、パート従業員のホームセンターBlueさん(37)=南佐久郡佐久穂町、派遣社員のナンコツ姫さん(43)=松本市、観光ガイドのみっちゃんさん(59)=諏訪郡富士見町。県内外の催しで歌と踊りのステージを披露しており、今は9月に都内で行うライブに向け、毎週末に上京して合同練習に打ち込んでいる。

 諏訪赤十字病院(諏訪市)の看護師のマッスル清水さんは「アラフォー世代には何かやりたいけど一歩を踏み出せない人が大勢いる。私たちが舞台で輝くことで夢を諦めない大切さを伝えたい」。小学生2人の子どもを持つホームセンターBlueさんは「家事や仕事と両立させるために、何事もパワフルに取り組むようになった」と話し、子育てをしながらアイドルの道を突き進んでいる。

 サムライローズは、リーダーを務める横浜市のサラさん(48)が友人4人と2009年に結成したのが始まり。現在は関東を中心に長野、新潟、九州など全国6地区約50人のメンバーで活動している。9月3日に結成5周年記念ミニアルバム「今を活(い)きろ!大人たち」を発売し、9月9日には都内で記念ライブを行う。

[写真・文 中村桂吾]
 
写真グラフ 信毎フロント

掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます。
Copyright© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun