フォト×俳句トップ 優秀作品 > 老躯(ろうく)にもそれなりの春ありにけり

老躯(ろうく)にもそれなりの春ありにけり

村松伸一さん 長野市 6月29日掲載

選評

すでに廃車となった車輌が切れた線路の端に佇んでいる。その手前のやはり使われなくなった敷石の間に今年もタンポポが咲いた。今年もそれなりの春が訪れた。(坊城俊樹)

前の記事 特集トップ 次の記事