フォト×俳句トップ 優秀作品 > 女子マネージャー何はともあれ日焼け止め

女子マネージャー何はともあれ日焼け止め

荻原宏祐さん 長野市 8月24日掲載

選評

夏の甲子園の季節である。投げ出されたバットはその激闘の残滓であるか。真っ黒に日焼けした選手とは異なり、女子マネは日焼けを気にしているのも現代っ子らしくて愉快。(坊城俊樹)

前の記事 特集トップ 次の記事